ようこそ!スカイバレイスキー場へ!

スカイバレイの施設やゲレンデをご案内します。よろしくね!

スカイバレイに着く前に国道9号線沿いに「道の駅ハチ北」があります。雪が降っている日は、ここでチェーンを着けると便利です。トイレもあるので利用してね。
駐車場入り口です。
「いらっしゃいませ!」
長い道のり、お疲れ様です。
駐車場がいつも雪の無い状態であれば良いのですが。
雪が降っている時は、早めにチェーンを着けるなど、滑り止めの準備をお願いしますね。
駐車場のスタッフがあなたのお車を誘導します。

A3駐車場とA6駐車場には女性用の更衣室があります。
ここはA駐車場です。
到着したら、思いっきり背伸びをして美味しい空気を吸ってみましょう。「寒い」なんて言わないで!
さあ、準備、準備。着替えましょう。
忘れ物は無いですか?
スキーセンターです。
1Fにレンタル・売店・男女更衣室・トイレ・ロッカー、2Fにはリフト券売り場・ラウンジ・トイレがあります。
1Fのレンタルは数量・サイズとも豊富に取り揃えています。
ご予約も承ります。
グローブや帽子など直接身に着けるものはレンタルしてないので、売店で購入してね。
1Fの売店にはゴーグルやグローブ、防水スプレー、などの滑走に必要なグッズ類はもちろん、タオルや下着、お菓子や飲み物もあるよ。

スキーセンター2Fです。
ここには食事や休憩のできるラウンジがあります。
テレビもあるので待ち合わせや時間調整にもってこいです。
スキーセンターは24時間開放され、トイレ・自販機など利用できます。
夜間はここの長ソファーを利用して仮眠ができるよ。
(毛布などありませんのでご準備下さい。)
リフト券売り場です。
ここはリフト券の販売はもちろん、リピーターキャンペーンやアンケートキャンペーンの受付、忘れ物のお問合せ、宅急便の受け取り、温泉のご紹介など、いろんなご質問にお答えする窓口です。
わからないことがあったら、この窓口のお姉さんに聞いてね。
右上のインフォメーションボードには、今日の積雪量やゲレンデコンディションが表示してあります。

リフト券買ったし。準備OK!さあ、白銀のゲレンデへ行きましょう!

スキーセンターの裏が登行リフト乗り場です。
このリフトは「登行(とこう)ペアパラレルリフト」と言い、ペアリフトが2本平行に並んでいます。
お客様の多い土日には2本とも運転し、一度に4人のお客様をゲレンデへ運びます。
スカイバレイのリフトは2人乗りと4人乗りの2種類。小さなお子さんもご家族の方と一緒に乗れるから安心だよ。
登行リフトに乗る時の注意
リフトスタッフの指示に従って、2人づつ乗車して下さい。お子様や初級者は右側の座席に座わりましょう。
乗車中はグローブや帽子、ストックを落とさないよう気を付けてね。

リフト下に動物の足跡が見えるよ。
登行リフトには「セーフティーバー」と呼ばれる安全なバーが付いています。乗車中はこのバーを降ろすと安心だよ。

そろそろゲレンデ到着です。
セーフティーバーを上げて下さい。

リフトから降りる時の注意
リフトから降りる位置にラインがあります。ここが降りる位置です。
ボーダーさんはこのラインで立って、すぐナナメ右へ移動してね。
スキーヤーさんはこのラインで立ってそのまま傾斜に沿って滑ってね。
降りる前にお尻を少し前に出しておくと降りやすいよ。
ラビットコース
登行リフトを降りると、ラビットコースが見えます。
左にはラビットペアリフト乗り場、
右にはトリプルリフト乗り場があるよ。
まず、初級者コースにつながるラビットペアリフトに乗ってみましょう。
乗車位置に赤いラインがあります。ここまで進んでリフト搬器(はんき)が来たら座って下さい。
お子様や初級者は右側に座わりましょう。
降りるときには登行リフトと同じように、ナナメ右へ進んでね。

リフトの乗り降りが不安な君は、
板を手に持って乗ってもいいよ。
落とさないようしっかり持ってね
ラビットペアリフト終点
終点から第1・第3レストハウスやキッズゲレンデが見えます。
終点から尾根をこえると隣のハイパーボウル東鉢にも行けるよ。
登行リフトとラビットペアリフトは、下り乗車ができます。
下りのみ無料です。

ラビットペアリフトを利用して、
わかばコース(初級)・ラビットコース(中級)・下山コース(中級)が滑走できるよ。
また、トリプルリフト乗り場や山頂リフト乗り場へも移動でるんだ。

リフト沿いに滑り込めばラビットコース。

第3レストハウス玄関前には、キッズゲレンデがあるよ。
一般のスキーヤーやボーダーが入り込めないようネットで囲ったキッズ専用エリアです。
雪量に応じて滑り台など設置します。

わかばコース、ラビットコースを征服したら、トリプルリフトに乗って「ベアコース」に挑戦しよう。

トリプルリフト
このリフトは3人乗りトリプルリフトです。


こんなに沢山並んでいても、心配しないで、すぐ乗れるから。
混雑している時は、3人乗車に協力してね。
ベアコースの途中左サイドには、第2ボードパーク、右サイドにはハイパーボウル東鉢への進入ルートがあります。

パークご利用の君はヘルメットをつけてね。
スクール受付窓口で無料貸し出ししているよ。

山頂ペアリフトに乗って上級コースに挑戦だ!

山頂ペアリフト
トリプルリフト終点からサンダーコースへの迂回路を通ってフォックスコースを滑ると、山頂ペアリフト乗り場があります。
山頂ペアリフトを利用して、イーグルコース・サンダーコース・ディアコースが滑れるよ。
ヤッホー!山頂は1007m。
眺めは最高、樹氷や雲海も見ることができるんだ。
山頂からディア→ベア→下山コースを滑ると
スキーセンターまで3200mのロングコース。
ノンストップで、よーし、行ってみよーっ!
サンダーコースは地形がハーフパイプ状でボーダーに人気。
雪質も最高!
フォックスコース入り口には第1ボードパークがあります。
ハーフパイプ・テーブルトップ・レール・キッカーなどアイテムがラインナップ。
ヘルメットをかぶってね。スクール受付窓口で無料貸し出ししてるよ。
イーグルコースは最大斜度32°の急斜面。

いっぱい滑って、おなかがすいたらレストハウスでお昼にしましょう。何食べよっかな~。


ゲレンデには3店のレストハウスがあります。
第1レストハウス(緑色)は「うどん」店。
第2レストハウス(黄色)は「ラーメン」店。
第3レストハウス(青色)は「和洋中」のカフェテリア店。
第3レストハウス
330席のオシャレなカフェテリアレストラン。和洋中と豊富なメニューと元気なおばちゃんが皆様をお待ちしてます。
ゴーグル・キャップ・タオルなども販売してるから、突然の天候の変化にも安心だよ。
トイレは全席ウオシュレット、除菌クリーナーも付いてるよ。
スクールやパトロールの本部もここにあります。
ファミリーには第3レストハウスを拠点にすると安心だね。
おなかが一杯になったら、お隣のハイパーボウル東鉢に行ってみるのもイイかも。
第2レストハウス横には休憩棟があります。
ご休憩等にご利用下さい。(無料)

1日たっぷり滑ったら、皆で記念写真を撮りましょう。

スクールに入ってレベルアップだ!

上達の近道はスクールレッスンを受講するのが1番。お子様から外国人さんまで、多くの方がレッスン受けてるよ。スタッフはみんなやさしくてイケメンだから、気軽に参加してね。
スクール受付は、第3レストハウス玄関横にあります。
4~6才のお子様を対象としたキッズレッスンもあるよ。(休日のみ)
SIA公認技術検定も毎日実施。無料の技術検定会もあります。

ここでボクたちの仲間を紹介します。

ゲレンデで困ったことや、わからないことがあったら気軽にスタッフに相談してね。
スカイバレイのスタッフはみ~んなやさしいよ。

いっぱい滑ったし。いっぱい遊んだね。さあ下山しましょう!

初級者やお子様は、登行リフト(ゲレンデに登ってきたリフト)で下山してね。下りのリフトは無料だよ。
中級以上の君は、下山コースを滑ってみよう。


下山コースは2km。思いっきり楽しみたい君は午前中がねらいめ。
ただし、カーブが多いからスピードは控え目にね。
帰りにスキーセンターに寄って、温泉のパンフもーらおっと!スカイバレイのリフト券で割引になるんだよね。
スキーセンターに着いたらスカイバレイの感想をアンケートに記入してね。リピーターキャンペーンにも応募してね。割引券もらえるよ。
そうそう、売店のシュークリーム、美味しいよ!
車のバッテリー上がりやキーを無くされた等お困りなことがありましたら、スキーセンター事務所や駐車場スタッフにご相談ください。
お帰りも安全運転でね!

一緒に楽しんでくれてありがとう。また来てね!

スカイバレースキー場の積雪情報
ゲレンデ状況
 ◆◆  積雪 cm ◆◆ 
サンダーコース     :滑走
イーグルコース     :滑走
フォックスコース     :滑走
ラビットコース       :滑走
ディアコース        :滑走
ワカバコース       :滑走
下山コース        :滑走
スカイバレースキー場の天気予報 スカイバレースキー場のライブカメラ スカイバレースキー場のお得なキャンペーン情報 スカイバレースキー場のお得なクーポン スカイバレースキー場京阪神方面直行バス スカイバレースキー場京阪神方面直行バス携帯向けサイト スカイバレースキー場岡山方面直行バス スカイバレイスキー場へようこそ! Q&A 安全対策・報告 ハイパーボウル東鉢 スカイバレースキー場のリンク情報 スカイバレースキー場営業予定表 カレンダー